最安値 新設 電気錠付き門扉
便利な機能を最安値でご提案 →
 LIXIL
 
 

門扉 電気錠 オートロック 価格 のことなら

 皆様に幅広く知って頂くために、お薦めのシステムの事例を挙げました。このシステムは、ご家庭はもちろん、幼稚園や学校にもご利用頂けます。更に、システムを拡張する事により、フェリカカードによる施解除や入退室管理が可能です。便利な使い方だけでなくセキュリティーの向上と安全を手に入れる一つのアイテムです。観音開き門扉、引き戸門扉、または電動門扉など、いろいろな門扉に取り付ける事が可能です。 是非、ご検討下さい。
 カタクラの門扉は、電気錠を框(門扉の枠)に内蔵する事で、デザインを損ないません。また電線を框内に通線するので、防犯性能が高い上、デザインを損ないません。まさに手作りならではの収まりです。門扉メーカーのノウハウで、堅実な防犯提案をします。

 電気錠も沢山の種類があります。門扉の開き方によって、向き不向きなもあります。また、配線をいかに見えないところに設置するか?  使い勝手は、良いのか?ご相談の上で見積をお出しします。工事費の目安は35万円〜50万円程度です。

内装される電気錠の写真
お問い合わせは 片倉建鉄株式会社
 (横浜)045−381−5566

  ■電気錠後付け をご希望のお客様へ

既存の門扉にも対応します。電気錠には色々な種類が有ります。門扉の種類、使い方に合わせて、トータル的な提案をさせて頂きます。ご相談下さい。 







システム 汎用例 接続図2 





 1.外からはテンキーで解錠

 2.鍵を持たなくても解錠が
   出来ます。

 3.鍵の締め出し対策にも有効です。
 

 図をクリックするとPDFファイル
にて拡大して見られます。


4.中からはボタンで解錠
5.門扉が開いているか閉まって
   いるか門扉の状態も解ります。
 
6.子機での解錠 動画

 高機能インターホンで解錠も防犯カメラも火災探知機も 家の対策アレコレ出来ます
 参考インターホン親機: パナソニック VL−SWD701KS



いろいろ入室管理システム


物騒な世の中、人の出入りをどのようにすれば安全か?又は便利か?
その答えが、鍵を電気的に制御して入出者を管理するシステム。
どのシステムを採用し解除信号を出すのか。認証端末機のご紹介をします。

  

鍵の種類 写  真 説  明
一般的な鍵  ■一般的な鍵
 長所
 ・誰でもが持ちやすく、解除方法も簡単。
 特別なランニングコストなし メンテ無し
 短所
 ・持ち歩く為、紛失した場合が困る。
 ・紛失時に偽造されやすい
テンキースイッチ  ■テンキースイッチ
 予め登録した暗証番号を押して開錠
 
 長所
 ・鍵の紛失が無いので安心。
 短所
 ・目視して行う為、弱視の片は利用しにくい。
磁気カードリーダー  ■磁気カードリーダー
 カードの磁性体にID情報を記録する
 このカードを機械の溝に通すとID情報が読み取られ開錠する
 長所
 ・テンキーの様に解除の時に暗証番号を
  入力しないのでスムースに解除が出来る。
 ・入室管理が出来る。(製品による)
  各個人が持つので、誰が何時、入室したか管理が出来る。
 短所
 ・長年利用するとカード上の磁気が弱まる。
 ・特別な機械により磁気を読み取り偽造が出来る。
 ・対象者の人数分だけカードが必要となる
ICカードリーダー  ■ICカードリーダー
 カードに埋め込まれたICチップを機械に
 かざす事により非接触でID情報を読み取り開錠する
 長所
 ・非接触にて劣化が少ない
 ・ID認識(解除)が早い
 ・偽造し・にくい
 ・入室管理が出来る。
  各個人が持つので、誰が何時、入室したか管理が出来る。
 短所
 ・対象者の人数分だけカードが必要となる。
指紋照合システム  ■指紋照合システム
 指紋を予め登録する。入室の際は指を機械
 に置き指紋を照合し、ID確認を行い解除する。
 長所
 ・鍵もカードも持たずにエントリー出来る。
 ・偽造しにくい
 短所
 ・認識されない場合がある
 ・実績年数がまだ浅い。
虹彩認識システム  ■虹彩認識システム(コウサイ認識)
 瞳の虹彩を登録し、ID化する。
 入室の際は指を機械に置き指紋を照合し、
 ID確認を行い開錠する。
 長所
 ・鍵もカードも持たずにエントリー出来る。
 ・偽造しにくい
 ・入室管理が出来る。
  各個人が持つので、誰が何時、入室したか管理が出来る。
 短所
 ・認識されない場合がある
 ・実績年数がまだ浅い。
静脈パターン認証システム  ■静脈パターン認証システム
 手の甲の動脈パターンを登録し、ID化する。
 入室の際は手の甲を機械に置き動脈パターンを照合し、
 ID確認を行い解除する。
 長所
 ・鍵もカードも持たずにエントリー出来る。
 ・偽造しにくい
 ・入室管理が出来る。
  各個人が持つので、誰が何時、入室したか管理が出来る。
 短所
 ・認識されない場合がある
 ・実績年数がまだ浅い。

社  名   片倉建鉄株式会社
住  所   神奈川県横浜市神奈川区羽沢町47−4
電  話   045−381−5566



Copyright (C) Katakurakentetsu Co., Ltd. All Rights Reserved