TOPページには沢山のタイプ違う門扉を紹介しています。是非ご覧下さい

門扉 塗装 塗り替え 修理 戸車 交換 鉄扉


長年、家を守ってくれた門扉は 健康ですか?
疲れた門扉は、とても重く、開け閉めするのも大変。建物のイメージも悪くなりまた、防犯性も悪化します。放っておいた門扉はサビで穴のが空いたり、錠の破損、塗装の剥がれなどの症状があります。
しっかり「お手入れ」しましょう。 
 昔ながらの鉄の門扉。良い所は何度でも修理が出来る事。鉄は衝撃に強く防犯性の高い頑丈な金属ですが、ご承知のように錆びに弱く、錆が進行すると溶接修理も出来なくなります。手遅れになる前に早めに補修をしましょう。
リンク:ライオン錠
  「錠」の交換は
ライオン錠を
クリック
 

 
 塗り替え サビた枠の交換 伸縮門扉亀裂 キャップの紛失 戸車交換


門扉修理の下枠の交換・塗装工事

 門扉の下枠の地面側は、特にサビやすい部分です。

サビで穴が開いた門扉も修理が出来ます。
鉄の門扉の良い事は修理が出来る事。
愛着のある門扉を末永く使いたいですね。
門扉の下枠の交換、溶接、塗装過程をご案内します。
 1.長期に使われてきた門扉。数年毎に塗り替えを行ってきたもののサビが進行しています。開け閉めが重たい門扉、これは戸車の交換サイン。戸車が回わらない場合が多いです。
 2.長く使われていた門扉の下枠。大抵の門扉は、大小にかかわらず穴が開いています。ここまで錆びると穴を埋めるのでは無く、枠の交換になります。
   
 3.門扉の下枠の切断。
  縦格子と下枠を切り離します。
4.新規、下枠の溶接。
  これで、安心して長く利用が出来ます。
 
   
5.改修された門扉は塗装工程に入ります。下地調整、錆止め塗装、中塗り塗装の工程を経て上塗り塗装を仕上げます。
 
6.新しい重量戸車を取り付けました。弊社一番人気の青銅色塗装に仕上がりました。
 以前と色が変わり新規にオーダーしたようなイメージチェンジが出来ました。
重たかった開閉動作も、とても軽く動くようになりました。

門扉の枠の修理2  まるで新設のように安心して使えます
 
 1.錆びが進行し形状を保てない状態でした。   2.改修後の写真。ピッカピカ!。
 
  3.外した枠はすっかすか。恐ろしい。  4. 錆びに強いステンレスを溶接。

塗り替え前  →  →  →  塗り替え後 
昔の青銅色は経年劣化すると青白っぽくなります。
塗装をして男前に戻して上げましょう。ぐーんと耐久性が増します
   
 1.塗装前 2.塗装後 
   
 3.塗装前 4.塗装後 
5.塗装前 6.塗装後 
7.塗装前  8.塗装後 
如何ですか 塗装前と塗装後、新設した様ですね。
門扉が綺麗になるとお家まで綺麗に見られますよ。

伸縮門扉(アコーデェオン門扉)の修理 

 門扉の戸袋(収納スペース)が少なくて済む伸縮門扉。このアイデアが最大の特徴ですが
他の門扉に比べ、関節部が極端に多く、長期使用時に故障の原因となります。特に故障の症状がよく出るのが、大型の伸縮門扉です。
 大型門扉の関節部、格子を修理したものと、柱のキャップを修理した写真を掲載します。

*伸縮門扉に於いて構造上、修理出来ないもが有ります。
 修理より購入した方が良い場合もあります。まずは、ご相談下さい。


改 修 前 改 修 後 
   
 格子部分が裂けた格子。
開閉時に均等に力がかからず、長期利用すると一部に負担がかかり裂けます。
「コの字」の折り曲げ金物を製作しました。
これを溶接固定して修理しました。
 
   
長期利用すると樹脂のキャップが痩せて、外れます。このままでは、雨水がたまりやがて錆が進行します。 ステンレスのキャップを取り付けました。
安心して長期に渡り、ご利用頂けます。 

 


伸縮門扉(アコーデェオン門扉)の修理 

 門扉の戸袋(収納スペース)が少なくて済む伸縮門扉。このアイデアが最大の特徴ですが
他の門扉に比べ、関節部が極端に多く、長期使用時に故障の原因となります。特に故障の症状がよく出るのが、大型の伸縮門扉です。
 大型門扉の関節部、格子を修理したものと、柱のキャップを修理した写真を掲載します。

*伸縮門扉に於いて構造上、修理出来ないもが有ります。
 修理より購入した方が良い場合もあります。まずは、ご相談下さい。


改 修 前 改 修 後 
   
 格子部分が裂けた格子。
開閉時に均等に力がかからず、長期利用すると一部に負担がかかり裂けます。
「コの字」の折り曲げ金物を製作しました。
これを溶接固定して修理しました。
 
   
長期利用すると樹脂のキャップが痩せて、外れます。このままでは、雨水がたまりやがて錆が進行します。 ステンレスのキャップを取り付けました。
安心して長期に渡り、ご利用頂けます。 

 

大型門扉、引き戸門扉の戸車交換

 最近、扉を引くと、重くなってきた。こんな、症状は、戸車交換の時期です。
戸車の寿命は、5年から10年です。
交換の際は、長持ちをするベアリング入り重量戸車をお勧めします。


戸車、レール修理の一例をご紹介します。

   
 1.戸車交換をする門扉を、作業場所へ
  移設します。

 2.古い戸車を撤去します。重たい扉を長く支えていた戸車は、大分痩せていました。

   
 3.新戸車の力板を溶接し、力板と戸車をボルトにて固定します。
  
4.戸車の形状にすり減った既存レール。
  これ程、すり減ると相当門扉の開閉も
  重なります。
   
5.すり減った既存レールの上に、ステン
  レス製のアングルレールを溶接します。 
  コレが新レールとなります。
 6.新規アングルレール
レールも戸車もステンレス。堅いモノ同しで重たい門扉も軽く動きます。
 
   
 7.撤去した戸車。
こちらも、最初の形が想像出来ない程ガバガバニすり減っています。
8.新規重量用ベアリング入り戸車。
  サビ、摩耗、耐荷重、耐久性に優れた
  ステンレス重量戸車です。 
   
 9.門扉を元にもどして設置完了です。


 10.別例1として
   作業スペースが広く取れれば寝かして
   取り付け作業を行います。

   
 11.別例2
 作業スペースがない場合は架台に載せて作業を行います。

 12.カタクラオリジナル重量戸車の御紹介
   重量用ボールベアリングが2コ入り
   ハイスペックな重量用戸車。
   重量のある門扉に大変優れた戸車です。

鉄扉の丁番周辺が錆びて穴が開いた所の修理
 改 修 前 改 修 後 

フィルムが劣化した玄関ドアの塗り替え
   
 改 修 前 改 修 後 

アルミ鋳物フェンスの修理 剣先の修理
 
 1.本体が曲がり剣先の紛失したフェンス   2.新しく鋳造された剣先。
 
  3.曲がりを取り溶接された剣先  4. 塗装し新品同様になりました。

 
■お問い合わせはお気軽に、ご連絡下さい。 
 所在地 神奈川県横浜市神奈川区羽沢町47−4 
 社 名 片倉建鉄株式会社 羽沢工場 
 T E L  045−381−5566 
 F A X  045−381−5568




Copyright (C) Katakurakentetsu Co., Ltd. All Rights Reserved